プロペシア処方には保険がききません

薄毛で悩む人は世界中にいますが、特に男性型脱毛症が原因で薄毛になっている人が多いといわれています。そこで、最近では病院で男性型脱毛症の治療を行うことができるようになりました。ですから、もし薄毛で悩んでいる人は、一度病院に行って診てもらうとよいかもしれません。
病院に行くことのメリットとしては、まず自分が男性型脱毛症なのかどうかということを検査することができるという点が挙げられます。もし、自分の薄毛のタイプがはっきりすれば、それに応じた適切な治療を行っていくことができます。そして治療を行うことになれば、だいたいの病院で男性型脱毛症の治療薬であるプロペシアと呼ばれる薬を処方してもらうことができます。このプロペシアは、男性型脱毛症に効果的であるということが科学的に認められた薬であり、この薬を服用することによって、毛髪を再び成長させることが可能になります。
また、病院によっては、ミノキシジルと呼ばれる塗り薬も処方されることがあります。この塗り薬も育毛に効果があるということが科学的にも認められていますから、安心して使用することができます。
ただし、気になるのは、病院にいって男性型脱毛症の治療にかかる費用はどのくらいかということです。これは、残念ながらAGAの治療については、保険適用外となっていますから、自由診療扱いということになってしまいます。ですから、治療費についてはすべて自費ということになりますから、ある程度の出費は覚悟しなくてはいけません。また、プロペシアの処方についても同様に、保険は適用されませんから、これも自費になってしまいます。
男性型脱毛症の治療については、ある程度長期的に継続していくことになりますから、自分の今の経済状況を考えた上で治療を行っていくことが大事になってきます。

▼AGAの方必見!治療に関するお勧めサイトです
HARG療法を試す前に口コミを参考にする